値段が高いほど良質な三次元測定機を購入することが可能

作業員

CAD設計を測定する機械

女の人

三次元測定機の主な機能は、CADのデータを3Dプリンターで出力した際に、その試作品がどれだけCADの設計と寸分たがわぬかを確かめるものです。使い方は室温に気を使う必要がありますが、最新式の三次元測定機はそうした配慮は不要となっているので使いやすい機械となっています。

新型スキャナーの可能性

男性

三次元レベルで物質を計測したり製造できる三次元測定機は、精密部品や球体のように機械製造が難しい部品を作るのに用いられています。家庭用であれば平均価格は7万円、企業向けのものであれば100万円ほど、車の部品などを製造するレベルであれば1000万円を超える価格になるでしょう。

特殊機械を導入しよう

男性と女性

三次元測定機を使えば、立体的に部品を測定できるのでより細かく測定したいときに用いられます。設置型と持ち運びできるタイプとに分かれるので用途に合わせて選ぶとよいでしょう。また、持ち運びできる多関節アームの三次元測定機は、手頃な費用で導入できるのがポイントです。

精密部品を測定する方法

機械

操作が簡単なことが大事

時代とともに、物づくりの現場には、複雑な形状の部品が要求されるよういなってきました。これは、精度の良い精密機械用の部品が増えてきたこと等が要因として考えられます。こういった複雑な形状の精密部品を言うのは、実は、加工後の検査がとても大変です。なぜなら、基準となる面も少ないので、うまく測定できないからです。そこで、最近注目されるようになってきたのが、三次元測定機です。三次元測定機は、非接触タイプで画像やセンサ等を使って、形状を測定する検査装置になります。この三次元測定機、最近のトレンドということもあり、多くのメーカから多数の装置が販売されており、どの装置にしたら良いか迷われている方も多いです。そんな方に、三次元測定機の選定のアドバイスをいくつか書きます。まず一つ目は、精度が適正な測定機を選ぶことです。三次元測定機といっても、測定精度は、かなりばらつきがあります。0.01mm単位の測定精度が必要なのか、0.001mm単位の測定精度が必要なのか、ご自身の必要としている精度にあった検査装置を選ぶことが大事です。なぜなら、精度と値段は直結しているので、過剰スペックの検査装置だと、無駄な出費につながるからです。次に大事なことは操作性が良いということです。三次元測定機は、精度よく測定できる反面、複雑な設定が必要になってきます。こういった設定を極力オートマチックに行ってくれ、簡単に操作できる装置を選ぶことが大事です。