値段が高いほど良質な三次元測定機を購入することが可能

ウーマン

特殊機械を導入しよう

男性と女性

特殊機械と呼ばれるものは様々ありますが、最近とくに注目を集めているのが「三次元測定機」です。三次元測定機とは、その名の通り、部品の形状を立体的にとらえて測定を行う機械です。従来の二次元測定器と比べて、部品の形状をより精確にとらえられるのが最大の特徴です。一口に三次元測定機といっても様々な種類のものがあります。例えば、設置方法で分類する場合は、設置型と非設置型(ポータブル型)に分けられます。他にも、外観や測定方法によって、様々な種類に分類されます。三次元測定機が導入された当初は、設置型のものが大半を占めていました。設置型の測定器の最大のメリットといえば、その安定感です。地面にしっかりと根を下ろして測定を行う設置型の三次元測定機は、あらゆる場面でその力をいかんなく発揮することができます。もちろん、設置型の三次元測定機にしても、最初から万全だったわけではありません。設置型の機械の課題である「高額な導入費用」や「広大な設置スペース」が必要でした。この課題をうまく解決したのが「多関節アーム式の三次元測定機」です。多関節アーム式の三次元測定機は、義手や義足メーカー向けの技術を転用して開発された、持ち運び可能な測定器です。この多関節アーム式の三次元測定機を使用すれば、測定者の意図通りにアームを動かすことができます。多関節アーム式の測定器の開発によって、測定者の負担が大幅に軽減されるようになったのです。