値段が高いほど良質な三次元測定機を購入することが可能

ウーマン

CAD設計を測定する機械

女の人

実物の試作品を立体で測定

立体の製品をCADで設計し、それを3Dプリンターなどで出力したならばそれが正しい結果になったかどうかを三次元測定機で調べましょう。最近は3Dプリンターによって製品を作成する会社が増えてきていますが、その際には出来た製品が正しく出来たか調べる装置が必要です。それが三次元測定機であり、試作品がCADの図面と寸分たがわぬかどうかを調べることが出来ます。三次元測定機の主な機能は立体部品などの測定であり、複雑な形をしたものを測るものです。二次元のものは定規で簡単に測れますが、三次元になるととたんに難易度が高くなってしまいます。熟練工はそうした試作品で目で確かめることが出来ますが、普通の工員の目では絶対に判別できません。しかし、三次元測定機を導入することでそうした熟練工のチェックと同等の測定を実施できるようになります。こういった測定気を運用する際には室温などに気を使わなければなりませんが、最新式の場合はそういった配慮は不要となっているので使いやすいです。もちろん極端な気温の状態だとよくありませんが、通常の室温で特に問題なく三次元測定を実行することが出来ます。使い方もそこまで熟練の技術を要するものではなくなっているので、試作品の作成は自社で容易に出来るようになっているのです。3Dプリンターを導入し、CADで作った製品を作ることを考えているならば必ず三次元測定機も一緒に運用しましょう。そうすることでより高品質な製品を出力できるようになるのです。