値段が高いほど良質な三次元測定機を購入することが可能

ウーマン

新型スキャナーの可能性

男性

仕事の幅を広げるのに活躍

物質の形を三次元から測定して、寸法や面積などを図ることができる三次元測定機は、ビジネスでは欠かせないツールとなりつつあります。三次元測定機は3Dプリンターとも呼ばれており、従来のプリンターのように、そのものを正確にコピーすることができます。ただし、これまでとは異なり、3次元(高さ)の概念を含んでいるため、立体や複雑な形のものであっても分析・コピーできるという特徴があります。利用シーンとしては、量産できなかった部品の製造、手作りでなければ製造できなかった細かな細工、球体や小さな凹凸など、これまで生産に時間やコストがかかっていたものの作成などがあげられるでしょう。これらは一例であり、近年ではリアルに近いフィギュアや、人によって形が変わる義手・義足などの作成にも活用されています。今後、三次元測定機はより活用されるようになり、その用途も広がるのではと言われています。家庭用の三次元測定機であれば比較的ローコストで導入も簡単ですが、精度が落ちるため、あくまで趣味程度の活用が望ましいといえるでしょう。家庭用タイプの測定器は安価なものであれば1万円台から、平均的な価格としては5万円〜10万円ほどとなっています。業務用の三次元測定機は家庭用よりも値段が高く、安価なものでも50万円から、非常に高価なものの場合一台あたり1000万円を超えることもあります。初期費用としては購入費用もありますが、設置の工事費用や保険料なども加算されるため、かなりの高額になるでしょう。ただしこうした三次元測定機は車や医療器具などの精密備品の制作に利用されるため、一般的な利用であればこのレベル以下のものでも良いといえます。